いくら艦隊

ひとりエッチが日課になった日。1話【無料試し読み】ネタバレ 感想

女性がオナニーしている:ひとりエッチが日課になった日。

無料試し読みはこちら↓をタッチ

ひとりエッチが日課になった日。をタダ読みする
「ひとりエッチ」で検索

 

やぁ、エロ紳士だ。

 

今回は「ひとりエッチが日課になった日。1話 本屋さんでエッチな漫画を読みながら初めてのひとりエッチ」のネタバレ、感想を紹介しよう。

 

1人の普通のおとなしそうな女子校生が、

 

本屋でエッチのこと、S●Xのやり方、

 

女のアソコをおま●こっていうこと、

 

おち●ちんやま●こを舐めることを初めて知ってしまった。

 

そんな彼女が一人Hに目覚め、自分のペンでクリや奥を触って感じることを覚え

 

ついには本物の男のち●ぽに興味をもつように・・・!

 

いくら艦隊のエロ過ぎる漫画【ひとりエッチが日課になった日。】が先行配信&ブッコミだけで無料読み出来きるぞ。

 

約20ページ分無料!読める&面倒な会員登録なしだ。

 

誰でも簡単にたった5秒ですぐに読めるので【ひとりエッチが日課になった日。】を

ぜひ読んでみてくれ。

 

ひとりエッチが日課になった日。をタダ読みする
「ひとりエッチ」で検索

BookKive!検索の仕方

ひとりエッチが日課になった日。1話 ネタバレ

ボブヘアーのおとなしそうな女子校生。

 

お菓子作りやファッションの本を読むために本屋に行ったのに

 

いつの間にか大人の男性の読むエッチな本だらけのコーナーにいて

 

いつの間にか大人の男性の読むエッチな本を読んでいた。

 

周りに人がいないことを確認して、彼女は読みすすめた。

 

キスしたり、舌の絡めたり、胸を揉まれて苦しそうな表情をしている

 

女性は実は気持ちが良くて・・・

 

女性がアソコも舐められて、

 

男の人のち●こが大きく固くなっていくのが勃●だってことを始め知る。

 

フ●ラして射精したり・・・

女性のあそこを「おま●こ」ということ、

 

男性がク●ニして美味しそうにま●こ汁を舐める。。。

 

 

本屋だというのに、

 

読んでいると自分のマ●コがおかしな感じになり、

 

あそこのとんがってる部分クリ●リスを夢中で擦り続けてしまった

 

そして・・・本屋でエッチな本を読みながらイってしまった。

 

そこに男の人から声をかけられた。

 

「うちにいっぱいエッチな本があるから来ない?」と・・・。

本編を読みたい方はこちら↓をタッチひとりエッチが日課になった日。をタダ読みする
「ひとりエッチが日課」で検索

BookKive!検索の仕方

ひとりエッチが日課になった日。1話 感想

年頃で思春期の女の子が

初めて性の世界に出会うところから描かれているエロ漫画だ。

 

こんなエッチな本を初めて見ただけで、本屋でイッてしまうなんて・・・

 

初めてならこんなことでイッてしまうものなのかもしれないな

 

ウブすぎてかわいいwww

 

そんな彼女がどんどん1人オ●ニーにはまり、

 

ペンを使ってクリを刺激したり、膣内を刺激したりして

 

オナニーしてもオナニーしても性欲が収まらず

 

本物の男のち●ぽを手に入れるようだ。

 

はじめはこんなエッチな本、読んじゃいけない・・という罪悪感でいっぱいだったのに、

 

その罪悪感よりも性欲が勝ってしまい・・・。

 

女の子が1人で大人しくこっそりオ●ニーしてるシーンを見てると

 

マジでこっちもエロい気分MAXになるぞw

 

無料即読みはこちら↓をタッチ

ひとりエッチが日課になった日。をタダ読みする
「ひとりエッチ」で検索

BookKive!検索の仕方