チンジャオ娘。

手塩にかけた娘が俺の子じゃない 3話 小桜クマネコのエロ漫画

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

会員登録なし無料試し読み!

ボタンをタッチしてブッコミ!へGo

 

小桜クマネコ・チンジャオ娘のエロ漫画「手塩にかけた娘が俺の子じゃない 3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして」のネタバレ感想を紹介します!

 

父 中村は陽葵をバックで●し続ける!

 

お前は当然俺の子だと思っていたからお金もかけ育ててきたのに・・

 

今までの恨みつらみを陽葵に吐き出すかのように

 

強引に●し続ける。。。

 

最後の射●で冷静になった父は警察に出頭するため

 

家を出ていった!

 

二人の運命はどうなる?

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないはブッコミ独占先行配信で、もちろん無料試し読みも会員登録なしでできます!

無料試し読みは↓をタッチ

手塩にかけた娘が俺の子じゃない 3話 ネタバレ



父 中村は娘 陽葵をバックで犯している。

「だいぶ穴もこなれてきたな!
この穴は男のチ●コを擦るための穴なんだぞ!!」

と娘に言い聞かせながら、
強引の攻め続ける。

「いやっ、やめて
お父さん!!」

泣き叫ぶ娘をよそに、

陽葵に言い聞かせる言い訳のように、

 

「お前の母親が妊娠して結婚したいと言ってきた時、

お腹の子は、当然俺の子だと思ってた。

それが、所詮、単なる他人だったんだ!!」

 

ブチ切れたように叫びつつ、 父 中村は射●した。

これで終わりでなかった。

 

今度は娘の足を大きく開かせ、側位で挿入!!

 

赤ちゃんのときはおむつ交換で足を広げたが、

今ではこうやってセッ●スする時だけと、

 

陽葵を卑下するように言葉でも責めまくる。

 

陽葵のクチュクチュクチュ・・・・とク●を触りながら

これでもかっ!とチ●コを突き続ける。

 

泣きじゃくる陽葵。

 

「んんんん、お父さん・・・」

 

父は最後の射●をすると、冷静になった。

 

泣きじゃくる陽葵をおいて、警察に出頭しに

 

家を出ていった。

 

「待って!!」

 

警察に出頭しようとする父を呼び止め、陽葵は言った。

 

「お願い行かないで!私のそばにいて!

今日あったことはなかったことにするし、お母さんにも内緒にしておくから

お願い、行かないで!!!」

 

続きを読みたい方は本編をご覧ください↓!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないを読むならコチラをタッチ



手塩にかけた娘が俺の子じゃない 3話 感想



かなりハードなレイプシーンだった。

本当の親子じゃないとわかったとしても・・・育ててきた愛情があったろうに。

 

その冷静ささえ、ぶっ飛び、本能のまま性行動に走った父親の激しいSEXシーンだった。

 

しかも、お前が他人なんだから、そのせいだからな!!

そのせいで俺はお前を襲っているんだ!赤の他人なんだから襲ったっていいんだ!

 

と怒りを言い訳にすり替えて娘を犯しているところが本当のドラマのようでしたw

 

そもそも、陽葵ちゃんのムチムチボディーは小桜先生の専売特許で

 

太ももの内側の陰影の部分とか、

 

まんじゅうのような巨乳は、誰が見てもエロすぎて

 

本当にたまらない!

 

泣きじゃくる娘に対してハードなレイプシーンはガリガリでもあったけれど、

 

あのときの主人公ナナちゃんは虐待されすぎて心を守るために心が死んでしまっていたけざど、

今回は娘の陽葵が、お父さんが大好きで育っているのでその他あたりの違いが大きく違い

面白かったです♪

手塩にかけた娘が俺の子じゃないを読むならコチラをタッチ



RELATED POST