チンジャオ娘。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

↓無料試し読みは画像をタッチ↓


↑会員登録なしですぐ読めるぞ↑

やぁ、エロ紳士だ。

今回は「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 身体を重ねるたび娘は女の喜びに目覚める」のネタバレ、感想を紹介しよう。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 ネタバレ



娘 陽葵は父にいて欲しいからだけでなく、

 

本当に父の肉棒を入れて欲しいと願った。

 

そしてバックで父の肉棒を受け入れる…

 

一瞬顔を歪める陽葵。

 

「いったん抜こうか?」

と父が言ったが、

 

「お父さんのが大きいからちょっとビックリしたけど、大丈夫」

と言って、そのままSEXを続行お願いする陽葵。

 

はぁ はぁ はあ…

 

父は女の息遣いになった娘に対し、

「可愛い声だすね。もう女の子の声じゃなくてだいぶ女の息遣いになったね」と。

「ねえ、お父さん キスしてよ」

娘の陽葵は父にキスを求める。

二人は、結合したまま熱いキスを交わす。

「好き、お父さんのこと」

そのまま父はバックで娘の中を突き続け・・・射●!!

 

SEXはまだまだ終わりじゃなかった。

 

陽葵はやりたいことがある、そう言って騎乗位でのSEXをしようと父に言った。

 

「お父さんが疲れていても私が動けば良いんだし」

 

陽葵は足をM字に開脚して父の肉棒を膣に差し込む

 

ずちゃずちゃずちゃ・・・

 

自分で中を擦るから陽葵にとったら最高に気持ちいいSEXだったw

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 ネタバレ



はじめは父のために、あえてセックスをしているような陽葵だったが・・・

父とのセックスは本当に気持ちが良いらしく、

 

今では父と娘という物を超越して、

 

恋人同士のセックスに近づいてきた感じがする。

 

性欲もバンバンましてきた感じのする娘 陽葵。

 

お父さんだった人に開発されちゃったかな?という感じw

 

割り切るというのも変な話だが、

 

陽葵は本当にお父さんという人が好きで、一緒にいたいし

 

キスを口でするほどなんだろうな。

 

まぁ、生物学的に本当の親子じゃないし、

悪いことじゃないんだよね。

無料試し読みは↓をタッチ


↑会員登なしで、無料即読み↑

RELATED POST